no title
1: 名無しさん 2018/11/15(木) 09:29:37.28 ID:CAP_USER9
世界的に“痩せ過ぎ”女性に警鐘を鳴らす動きが進んでいるが、日本ではまだまだのようだ。

ここ最近、ネット上で『AKB48』向井地美音に“激太り”疑惑が向けられている。
ライブ公演の中継を見たファンが「太ってしまった」と感じたようで、ほんの少し肉付きが良い程度に思える体型だが、ファンたちは、

《水着グラビアやった方がいいんじゃないか? そうすれば嫌でも痩せるだろ》

《プロレスに備えて増量してるんだな》

《冬眠前の熊かよ》

《デブのくせに前髪スカスカにしてると、脂でそうなってるみたいになるからやめろ》

《なんや、この豚は》

《この醜いデブスを選抜から落とせよ》

などといった、聞くに堪えない罵声をぶつけている。

しかし、向井地のSNSに上がっている写真の数々を見ても、周りのメンバーと比べて特別太っているようには全く見えない。
これ以上痩せると、痩せ過ぎで体調を崩す可能性さえありそうだ。

「今年6月に開催された『AKB48世界選抜総選挙』の前、『HKT48』の宮脇咲良が、
選挙に向けて“朝ご飯だけを食べるダイエット”をしていると明かして物議を醸していました。

ネット上で話題になると、宮脇はすぐさま『みんな心配掛けてごめんね ちゃんと食べて、
運動するダイエットにシフトチェンジしてるよ! 健康第一』と訂正。
ファンたちの間に過剰な“痩せ信仰”があるからこそ、このような問題が起きたのだと思います」(芸能記者)

モデルのローラや菜々緒、ダレノガレ明美などは、適度に筋肉を付け、痩せ過ぎていない体型を維持しているとSNSで明言。
ファッション大国であるフランスでは、“痩せ過ぎモデル”の活動を禁止する法律まで施行された。

それなのに、日本のアイドルはガリガリに痩せようとする。
適度に“肉”が付いている方がどれほど気持ちイイかを、暴言を吐くファンは“経験がない”から知らないのだろうか。
https://news.nifty.com/article/entame/myjitsu/12156-67194/

【【AKB48】向井地美音を「痩せろ!」「ブタ!」と追い詰める暴走ファン 】の続きを読む

no title
1: 名無しさん 2018/11/04(日) 11:56:19.48 ID:zViICj8vd
さよなら“アイドル”山本彩 「君はNMB48の“金本知憲”だった」
http://bunshun.jp/articles/-/9566

「3時間出ずっぱり」の鉄人

きょうの公演に先立ち、10月27日には、万博記念公園・東の広場(大阪府吹田市)で卒業コンサート「SAYAKA SONIC ~さやか、ささやか、さよなら、さやか~」が大々的に開催された。
そのタイトルどおりロックフェスを思わせる野外ライブとなり、雨女とも言われる山本だけに天気が心配されたが、当日は見事な秋晴れに。
青空のもとステージに現れた彼女は、バックバンドを従えて自らもギターを弾きながら歌ったり、サプライズで登場した渡辺美優紀らNMBの同期の卒業生と久々に共演したりと、さまざまな演出で観客を沸かせた。

【山本彩は"金本知憲”だった 】の続きを読む

1: 名無しさん 2018/11/03(土) 16:49:04.02 ID:CAP_USER9
3日、AKB48の54thシングル「NO WAY MAN」(11月28日発売)のジャケット写真、アーティスト写真、カップリングMVが解禁された。
カップリング曲「池の水を抜きたい」では、AKB48の活動12年目となる大家志津香が、27歳を目前にして初センターに抜擢された。

“努力は必ず報われる”大家志津香、12年目で初センター

大家は、6月に放送されたテレビ東京系列「緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦」でドロドロな池に全身で飛び込み、体を張って果敢に生物捕獲に取り組む姿が番組スタッフの目に止まり、そのまま番組レギュラー出演を獲得。
数々の池で活躍する姿は、視聴者に笑顔と勇気を与えてきた。

そんな大家の努力が実を結び、この度MVが公開となった「池の水を抜きたい」が同番組のテーマソングに決定。
MVでは実際に池の水へ入水するシーンのほか、「抜きのプロ」として様々なものを「抜いて」いるところにも注目だ。

池の水選抜の顔ぶれは?

「池の水を抜きたい」を歌う池の水選抜は、大家に加え、加藤玲奈・込山榛香・佐々木優佳里・谷口めぐ・西川怜・峯岸みなみ・山邊歩夢の9名。
MVは、6月の放送で水を抜いた、埼玉県・そうか公園で行われた。

大家志津香コメント
今回、センターに選ばれることを本当に知らなくて、MV撮影当日に並びを見て「大家センター」っていうのを知って、「え?そうなんですか!?」と驚きました。本当に驚きの連続で、センター曲をもらえたというのも驚いたのですが、それが12年AKB48をやっていて初センターをもらえたタイミングが27歳を目前にして今来た!というのがまたすごく驚きました。

しかもその曲が、テレビ東京さんの「池の水ぜんぶ抜く大作戦」のテーマソングになるというのを、MV撮影の当日にサプライズ発表されて、もう驚きが連続すぎてよくわかりません!「こんなことってあるんだな」という気持ちです。

センターということで、単純に「前に人がいない」という経験が初めてで、ダンスシーンが不安すぎて、合っているかどうかを確認できないことがこんなに不安なんだと初めて知りました(笑)。センターの人ってすごいんだなって。今までMV撮影をしても、「これ絶対映ってないよね」と思える撮影が9.5割だったので、こんなに自分にカメラが向いているのが初めてで、この撮影1日でなんだか可愛くなった気がしました(笑)!やっぱり人って見られて磨かれるっていうので(笑)!

全文
http://mdpr.jp/music/detail/1802655

【MV】池の水を抜きたい Short ver.〈池の水選抜〉/ AKB48[公式]
https://www.youtube.com/watch?v=SqBxO9hjBnM



AKB48 池の水選抜「池の水を抜きたい」MVより
no title


no title


no title


no title



テレビ東京「緊急SOS! 池の水ぜんぶ抜く大作戦」(左から)大家志津香、峯岸みなみ、加藤玲奈
no title


【【AKB48】大家志津香、12年目27歳目前で初センター「池の水を抜きたい」 】の続きを読む

1: 名無しさん 2018/11/03(土) 06:24:01.72 ID:CAP_USER9
AKB48(NGT48兼任)の柏木由紀さん(27)が発した一言について、男性と女性それぞれの間で波紋を呼んでいます。

発端は、10月24日放送のMBSラジオ『アッパレやってまーす!』の中で、アンガールズ田中卓志さん(42)が発した一言。マイルが貯まりに貯まっているという田中さんは「新婚旅行で世界一周できる」と発言したのですが、柏木由紀さんがすかさず「マイルで新婚旅行に行くの、嫌だなあ」と難色を示したのです。

これには田中さんもケンドーコバヤシさんも驚いていた様子。柏木さんとしては自動的に貯まったマイルでの旅行ではなく、そのために用意したお金で旅行したいという意図があったことを説明。大いに盛り上がりました。

これを受けてネットの女性向け掲示板には柏木さんへの批判も上がったものの、一部の女性からは「わかる」「マイルで旅行は嫌だ」と賛同の声が上がっています。しかし男性は総じてこのコメントにはNOを突きつける方が多いよう。男と女の間には、一体どんな溝があるのでしょう。

■女はなぜ、マイルで新婚旅行を嫌がるのか?

まず一定数の女性は、『割り引かれたサプライズ=自分の価値を軽んじられた』と一思う傾向にあります。

主に若い女性に多い発想で、“自分にしてくれたこと”や“かけてくれた金銭”を“自分がどのくらい大事にされているか”に置き換えてしまう。そのため割引きやマイルなどを使われると軽んじられたと感じ、不快感を覚えるのです。

タチが悪いのが、該当女性の中ではこの不快感の根源にある“自分の価値=かけてもらったお金や労力”という歪んだ判断基準に無自覚であるということ。その結果、相手に対して主張するときも「一般的にはこうするもんだよ」的な曖昧だけどそれっぽい言葉で男性を非難。深く自分の中で考えることを避けてしまうのです。

■理解のない女性へ向けてのマイルや割引を使うときの注意点

彼女たちの頭の中では無意識にマイルや割引を使って結果として得られたお得感よりも、“本来使う予定だったけど使われなかったお金(労力)”に焦点があたっています。

だからモヤっとして怒りを抱くのですが、そんな彼女たちにはどう対処したら良いのでしょうか。

1点目は、“本来使う予定だったお金は節約したのではなく別の労力として回った”と事前に説明することです。田中さんたちも話していましたが、マイルで旅費を安く抑えてホテルのグレードを上げれば気持ちも収まるでしょう。

とにかく軽んじられた部分に焦点があたっている女は、面倒くさい!いくら相手がしてくれたことが凄くても、ちょっと軽んじられた要素が入ると「ありえない!」という感覚になってしまうのです。

とはいえこういった発想も普通は自分でお金を稼ぎ、使う楽しさと大変さを知っていくとだんだん和らいでいくもの。しかし一部の労力やお金を使われることで自分の価値判断を計り続けてきた人は、どうしてもこの発想のまま年齢を重ねていきます。

それこそタレントさんや夜の商売の方など“人気が存在価値を左右する職種の人”は、この辺の感覚がより敏感なのかもしれません。

「女のワガママだ!」と言い切ってしまえばそれまでですが、根本には意外にも女性が抱える未熟さと歪んだ自尊心も隠れています。とここまで仕組みや根本が分かっている筆者ですら、いまだにモヤっとする瞬間があります。

数年前のクリスマスのこと。欲しかったマフラーをプレゼントでいただいたのですが、後からそれが溜まったポイントで買ったものだとわかって一瞬「へえ……」と思ってしまったのでした。

すぐこの仕組を思い出し、いただけたことに感謝するよう気持ちを正したのですが……。オンナの業とはなんて根深いことだと、心底反省したのでした。

(文・イラスト:おおしまりえ)
no title



11/3(土) 6:09配信 女性自身
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181103-00010000-jisin-ent

【 AKB48柏木由紀「マイルで新婚旅行は嫌」で波紋】の続きを読む

1: 名無しさん 2018/10/29(月) 06:36:09.73 ID:CAP_USER9
上は頭が固いし、下はサボって働かない。「こんな会社辞めてやる!」と、簡単には啖呵を切れないのが我ら凡人の哀しい性。
組織を飛び出し、独立して食っていくほどの自信はなく、終生、宮仕えに甘んじる。「ピン」で糊口を凌(しの)ぐのは生半可なことではない。アイドルとて事情は変わらず……。

 ***

「うおおおおお~っ!」

10月12日12時過ぎ、福岡市の海鮮料理屋の2階座敷。
昼食を取っていた約130名の参加者から地鳴りのようなどよめきが上がった。「彼女」が姿を見せたのである。なかには、

「今日の『ぱるる』のファンサービスは半端ない。AKB時代の握手会では実質ひとり6秒くらいしか彼女と話せなかったのに、今日は4分もぱるるを至近距離で見られた!」

と、感涙に咽(むせ)び泣かんばかりの20代の女性参加者もいたほど。こうして「ピン」となって初の、「ぱるる」こと元AKB48の島崎遥香(はるか)(24)によるファンクラブ旅行は幕を開けたのだった――。

「選抜総選挙」で7位にまで上り詰めたことのある島崎の売りは、何と言っても「塩対応」にあった。愛想がなく、素っ気ない。時にファンを鬱陶(うっとう)しがる。
そうした「しょっぱい対応」が、逆にアイドルらしからぬキャラとして受けてきた。そんな彼女も一昨年の大晦日をもってAKBを卒業。
つまり組織からの独立を果たしたわけだ。しかし、「束売り」の頃はそういったキャラも「大勢のメンバーのなかのひとつの個性」として通用したが、「バラ売り」では厳しかったようで、

「最近、露出が減り、地上波ではドラマにゲスト出演したりする程度」(アイドルウォッチャー)

という苦境に立たされていた。そこで、栄光を取り戻すにはまず足場固めと考えたのか、今回、10月12日から2泊3日のファンクラブ旅行が開催されたのである。

チーママ「ぱるる」見参
「東京発着コース」でひとり部屋宿泊の場合、お値段19万円という旅行の目玉は、湯布院や阿蘇といった九州の名所をファンがバスで巡るなか、要所で本人が現れる「サプライズ生島崎」。

例えば初日の夕方、参加者が長さ390メートルの九重(ここのえ)“夢”大吊橋(大分県)を歩いて渡ると、島崎が待ち受けていて、

「ぱるる自らスタンプラリーのスタンプを押してくれました。130人全員分です!」(参加者のひとり)

また、杖立(つえたて)温泉(熊本県)のホテルでの夕食後には、
「わざわざピンク地の浴衣に『衣装替え』したぱるるが、私たちひとりずつと写真撮影をしてくれた!  超感激?」(同)

こうしたファンサービスもあってか、撮影会後に行われた「島崎グッズ」販売会では、

「百均で売っているようなオリジナル歯ブラシセット(1500円)なんかが飛ぶように売れていました」(同)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181029-00550606-shincho-ent
10/29(月) 5:59配信


no title

【元AKB「ぱるる」が開催したファン旅行 “塩対応”から転向 】の続きを読む

このページのトップヘ

アクセスランキング