no title
1: 名無しさん 2018/08/29(水) 18:40:48.91 ID:CAP_USER9
日本代表MF本田圭佑(32=メルボルン・ビクトリー)の個人ファンド「KSK Angel Fund」が出資した飲食店予約サービス「ビスポ!」の発表会が、28日に都内で開かれた。
客と飲食店の双方向コミュニケーションによる予約サービスで同日から提供を開始。
現在は約50店舗の参加だが、年内に1000店舗とユーザー数10万人を目標に掲げた。

本田は同サービスを展開するBespo社の高岳史典・代表取締役と知人を介して知り合い、出資を決断。
この日はビデオメッセージで登場し「高岳さんからお話を聞いた時にすごく感銘を受けた。なんとかサポートしたいと出資させていただいた。
今後『ビスポ!』がうまくいくように僕もサポートしていきたい」と強い意欲を見せた。

本田にとっては満を持しての飲食業界への“参入”となる。以前から食へのこだわりが強く、日本代表の同僚たちにも積極的に食事の重要性を説いてきた。
盟友のDF長友佑都(31=ガラタサライ)がすでに飲食店の運営や健康食品の販売などを手がけており、本田も遅ればせながら追随。
高岳氏は「本田さんにはさまざまなアドバイスを頂き、ディスカッションもしていきたい」と二人三脚で事業を発展させる構えだ。

今回は飲食店予約サービスへの投資という間接的な形だが、今後本田が飲食業界でも旋風を巻き起こせるか注目だ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180829-00000040-tospoweb-socc
8/29(水) 16:45配信

【本田圭佑、満を持しての飲食業界参入 】の続きを読む

1: 名無しさん 2018/08/27(月) 15:17:32.34 ID:CAP_USER9
8/27(月) 6:30配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180824-00000395-oric-ent
no title



「ガリガリ君より売れてないのに20周年」「売れてませんがジューシーです」。
先ごろ、そんな自虐ワードを散りばめた氷菓『ガツン、とみかん』のプロモーションがSNS上で話題となり、販売元の赤城乳業に反響を問い合わせたところ「実は…過去最高の売上となっています」と驚きの回答を得た。“晴れ舞台”の周年記念としては稀な自虐広告を採用し、戦略が奏功した要因とは何か。担当者に話を聞いた。

■売れてないは偽り!? 前年比40%増で絶好調の『ガツン、とみかん』

 今年4月、『ガリガリ君』でおなじみの赤城乳業がみかん味の氷菓にみかん粒を閉じ込めた『ガツン、とみかん』(以下ガツン)の自虐プロモーションを展開すると、SNS上では「ええ、なんでお前さんそんなに弱気なのw」「でも私はガリガリ君よりキミを購入してるよ」「僕は大好きです!少しリッチに行きたい時は必ず買ってます!」など、エールの声が相次いだ。

 そこで、自虐プロモの反響と企画経緯について同社に問い合わせたところ、なんと、7月単月は『ガツン、と みかん(マルチ)』(箱入り5本セット)が前年比40%増、過去最高売上になっているという。

「今年は猛暑の影響もあり、この夏のガツン(マルチタイプ)の売上は過去最高となりました。売れてないというプロモーションは嘘になってしまいますね。ガリガリ君より売れてないのは相変わらずですが…」(赤城乳業マーケティング部・中島一輝さん)

 今夏の記録的な猛暑はアイス・氷菓業界全体に好影響を与えたと思われるが、猛暑需要を差し引いても“前年比40%増”は驚くべき数字だ。自虐プロモと同時に開設されたガツン公式ツイッターのフォロワー数が、数ヶ月で同社公式ツイッターのフォロワー数とほぼ同数になっていることを見ても、このプロモによる話題作りが売上向上に一役買ったことは間違いない。

※ 全文は記事でご覧下さい。

【【ガリガリ君より売れたい】赤城乳業のみかん氷菓、自虐プロモと猛暑で売上過去最高に 】の続きを読む

このページのトップヘ

アクセスランキング