1: 名無しさん 2018/09/26(水) 17:21:37.17 ID:CAP_USER9
2018/9/26 6:30
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO35721070V20C18A9000000/

 カマキリ先生が起業――。俳優の香川照之さん(52)が昆虫のイラストをあしらった子供服のインターネット通販などを手がける新会社、アランチヲネ(東京・港)を設立した。大の昆虫好きで知られ、「カマキリ先生」の役名でNHKのテレビ番組にも出演する香川さん。子供たちが自然や環境問題について考えるきっかけとなれば、と起業の狙いを話す。
no title


スタートアップ企業を興した香川照之さん

 香川さんは社長に就き10月から営業を始める。登記簿によると、会社設立は8月。資本金は700万円で、株主であるモブキャストホールディングスから藪考樹社長が取締役に就いた。モブキャストは俳優で歌手の柴咲コウさんが最高経営責任者(CEO)を務めるレトロワグラース(東京・港)にも出資している。

 アランチヲネはイタリア語で「オレンジ」を意味する単語から名付けた。子供服を中心としたアパレル販売と、香川さんと交流したり議論したりするオンラインサロンを事業の柱とする。10月からサロンの会員募集を始める。
no title


オリジナルの衣類には、イラストレーターのクルーロウ華子氏のイラストを使う

アパレル販売では、カマキリやホタルといった昆虫のイラストをあしらったシャツなどを11月末から売り出す。収益の一部を自然教育や昆虫保護団体に寄付するなど、衣類を通じて環境問題への理解を深めてもらう仕掛けを考えているという。将来的には雑貨や文具などに品ぞろえを広げる。

人気俳優の香川さんは46歳で歌舞伎、52歳で起業家としてもデビューすることになった。「もともと子供時代から地球や自然に興味があったのに加えて、昆虫番組で野山を駆け巡り、かつてと昆虫の生態が変わっていることに驚いた」といい、自然教育の重要性を感じて今回の起業に至った。

事業を通じて「子供たちにもっと自然に触れてほしいし、能動的に考え判断できるようになってほしい」という。

俳優としての活動と並行して、経営に関わる。「自分自身の表現方法の1つで、同じ畑から違う野菜を収穫するようなもの」。事業の拡大に向けて投資家からの資金調達なども計画している。  (若杉朋子)

[日経産業新聞 2018年9月26日付]

【香川照之さんが起業 昆虫柄の服、着ようぜ 】の続きを読む

no title
1: 名無しさん 2018/09/23(日) 05:46:14.63 ID:4lMHeu/J0
僕と彼女と彼女の生きる道
フードファイター
スペシャリスト
任侠ヘルパー
嘘の戦争

4: 名無しさん 2018/09/23(日) 05:50:24.72 ID:532Gopec0
嘘の戦争は謎の友情エンドがな

9: 名無しさん 2018/09/23(日) 05:52:01.70 ID:1LOk4vnW0
ワイは銭の戦争の方がすこ
1万円札の番号全部暗記してるシーンとかたまらん

【草薙のドラマにハズレが全くないという事実 】の続きを読む

1: 名無しさん 2018/09/21(金) 12:25:14.07 ID:CAP_USER9
https://mdpr.jp/news/detail/1793865
2018.09.21 06:00

女優の北川景子が主演を務めるテレビ朝日のスペシャルドラマ『指定弁護士』(23日よる9時~)に、俳優のえなりかずきが出演。北川の夫役を演じる。

検察が“不起訴”にした容疑者を、市民による「検察審査会」が2回続けて“起訴すべき”と判断した際に検察官役として指定される弁護士・指定弁護士。検察が何度も「白」と判断した事件を「黒」と主張することは、ほぼ負け戦でしかない。それでも戦うことで見えてくる“真実”もある。

指定弁護士となった京都の弁護士・一ツ木唯を北川が熱演。バディの検察官・橘慎二(北村一輝)と事件の真相究明に挑み、同時に自らの道をつかんでいく姿が描かれる。

そうした中で唯の夫・一ツ木隆司役で、えなりが出演。同じ弁護士事務所で働くパラリーガル(法律事務アシスタント)として、公私共に唯を支える役どころだ。仲睦まじい結婚式ショットも撮った2人にとって、この共演には並々ならぬ思い入れがあるようだ。
(続きはソースをご覧下さい)

no title


no title


【北川景子とえなりかずきが結婚wwwwwwwwwww】の続きを読む

1: 名無しさん 2018/09/16(日) 06:32:57.46 ID:CAP_USER9
米俳優アーノルド・シュワルツェネッガー(71)が、約30年ぶりに代表作「プレデター」(1987年)の新作に復帰する可能性が浮上している。

14日に全米公開されたシリーズ第4弾となる「ザ・プレデター」でメガホンをとったシェーン・ブラック監督が、
続編でシュワルツェネッガーが主演として戻ってくる可能性を示唆したもの。

南米のジャングルを舞台に地球外生物プレデターとの屈強な特殊部隊との戦いを描いた第1作目に主演したシュワルツェネッガーは、
「ザ・プレデター」ではカメオ出演をオファーされたが断ったと伝えられていた。「ちょい役だよね。乗り気がしないよ」とシュワルツェネッガーに言われたと明かしたブラック監督は、
「もし次回作を作るとしたら、彼を主演にしない理由なんてないだろ」と語っている。

シリーズ4作目となる今作は、俳優ボイド・ホルブルックが主演し、女優オリビア・マンらが脇を固めている。

http://news.livedoor.com/article/detail/15312670/
2018年9月16日 6時0分 日刊スポーツ

no title


no title


no title


no title


【シュワちゃん30年ぶりプレデター主演復帰の可能性 】の続きを読む

no title
1: 名無しさん 2018/09/10(月) 02:07:12.89 ID:tXuo4kdc0
シルベスタスタローンにしようと思うんやが後悔するかな?

2: 名無しさん 2018/09/10(月) 02:07:58.52 ID:pn719n3Hp
シルベスタスタローンって駄作率高いって向こうの雑誌で書かれてたような

5: 名無しさん 2018/09/10(月) 02:08:44.36 ID:tXuo4kdc0
>>2
でも数あるやん?

【一生この人主演の映画しか見れませんって事になったら誰を選べばいいんや? 】の続きを読む

このページのトップヘ

アクセスランキング