no title
1: 名無しさん 2018/09/01(土) 19:04:03.27 ID:CAP_USER9
 24日に公開された『検察側の罪人』は、今月の№1注目邦画だ。これまで共演の機会がなかった元SMAPの木村拓哉と嵐・二宮和也が、“未知との遭遇”をはたしたことが大きな話題。メディアをジャックして、PRにいそしんだ。木村は、“主人公”のエリート検察官を演じた。二宮は、彼と対立する若き検察官役。主軸はあくまでも、ジャニーズ事務所の大先輩、木村にある。

 そもそも、87年に入所した木村は、今年が役者デビューちょうど30周年にあたる。ドラマデビューは、ジャニーズと昵懇だったテレビ東京系列の連ドラ『あぶない少年III』(88年)。同年にSMAPが結成されている。91年に『Can't Stop!! -LOVING-』で歌手デビュー。96年に森且行(現在はオートレーサー)が脱退するまでのおよそ8年間、SMAPは6人グループだったのだ。

 木村が「キムタク」と呼ばれ、SMAPが日本のトップアイドルに上りつめるまでには、数えきれないほどの辛酸を舐めている。オーディションの不合格も数知れない。あの国民的学園ドラマもしかりだ。

「『3年B組金八先生』(TBS系)のオーディションに、木村さんは落ちているんです。88年にレギュラー放映された第3シリーズ。皮肉なことに、同じSMAPでは森くん、先輩でのちにV6となる長野博さんは合格。難関を突破して、生徒役の座を射止めています」(スポーツ新聞の芸能記者)

 この年、木村とともに不合格となったのは、“盟友”中居正広。中居にとって、長野は事務所の先輩だが、高校の同級生でもある木村、森は後輩。木村以上に、中居の心中は複雑だったに違いない。

 ちなみに、このシリーズには俳優・浅野忠信も出演している。武田鉄矢演じる金八先生が受け持つクラスの一員ながらも、主人公となる回はなし。生徒名はあったものの、セリフもほぼない脇役だった。

 “金八トライアングル”だった木村、浅野、武田は、17年1月期のTBS系日曜劇場『A LIFE~愛しき人~』で、夢の再会に至っている。同作で木村は当然、ピンで主人公。初の外科医師を演じた。対する浅野は、日本屈指の脳神経外科医。2人は幼なじみで、木村の元カノ(竹内結子)が浅野の現在の妻という複雑な間柄にあった。そして武田は、第5話のゲストキャスト。心臓外科の権威である医師を熱演した。スタッフの意図か、武田は浅野の「恩師」という立場にあった。

 木村が16歳のときに押された不合格者という烙印。番手で浅野を上回り、武田をゲストとして招き入れることができた昨年。29年越しでリベンジできたか……。

https://npn.co.jp/article/detail/01323086/

【キムタクが浅野忠信に負けていた 】の続きを読む

1: 名無しさん 2018/08/30(木) 21:41:07.38 ID:CAP_USER9
川崎麻世が自身のツイッターにアップしたある画像が話題になっている。

 1977年、14歳の頃にジャニーズからレコードデビューし、1989年まで所属していた川崎。29日に自身のツイッターを更新し、「ジャニーズ時代の後輩のマッチとかなり久しぶりに語った」とかつての後輩である近藤真彦と久しぶりに再会したことを明かした。

 再会について、近藤は「今では天下のジャニーズの一番の古株でスーパーアイドル達の大先輩の彼はうざい先輩の俺など逢いたくないのではと思っていたが、スーパー喜んでくれた」と喜びを見せてくれたと語り、「合宿所で同じ釜の飯を食った兄弟との再会は嬉しかった」とコメント。そこに、近藤と田原俊彦とともに「たのきんトリオ」を結成していた野村義男も合流したといい、「そこによっちゃん登場で記念写真」と写真を撮ったことも告白した。


no title


https://npn.co.jp/article/image/38679727/



【川崎麻世、ジャニーズ後輩の近藤真彦、野村義男と再会 不思議な“3ショット”画像が話題 】の続きを読む

no title
1: 名無しさん 2018/08/28(火) 05:02:38.60 ID:CAP_USER9
「ついに後任が決まったそうなんです」(テレビ局関係者)

「書類送検後、『ZIP!』は特に代役を立てず放送していましたが、5月6日に所属のジャニーズ事務所が山口さんとの契約を解除したことを受けて、翌7日に降板を正式に決定しました。降板後も彼の代役は立てられておらず、現在まで”空席“のままです」(スポーツ紙記者)

 司会の桝太一アナウンサーと川島海荷を除き、曜日パーソナリティーとしては唯一、週に2回出演していた山口の穴は大きかったはずだが、ようやく後任が決まったという。

「山口さんの後任として曜日パーソナリティーには、ジャニーズの風間俊介さんが起用されることが決まったそうです。10月からの出演になるようですね」(前出・テレビ局関係者)

空いた席に座るのは、やはりジャニーズ

 現在放送中のドラマ『サバイバル・ウエディング』(日本テレビ系)にも出演している風間。ドラマの撮影が9月で終了するということで、ちょうどいいタイミングなのだろう。

 空いた席に座るのは、やはりジャニーズ。強い”意向“を感じてしまうが……。

「今回の起用は、ジャニーズ側がゴリ押ししたものではなく、局側が気を遣って、”山口さんの後任には、風間さんはどうでしょう?“と伺いを立てる形で決定したそうです」(同・テレビ局関係者、以下同)

 ゴリ押しではなく、局側の忖度─。

 後任に抜擢された風間はアイドル的な活動よりも、役者としての仕事がメイン。なぜ彼が選ばれたのか?

「風間さんは、これといったレギュラー番組を持っておらず、またアイドルというよりは役者として認知されているので、主婦層にも受け入れられやすいのではないか、という考えがあってのことのようですね」

 風間の出演について、日本テレビに問い合わせたが、担当者が不在のため、回答は得られなかった。

「風間さんは、6月に試験的に2週連続で放送された特番『news W』にてMCを担当しました。バイきんぐの小峠英二さんとの掛け合いなど、初MCとは思えない対応力を見せました。そこが最終的な判断だったのかもしれませんね」

(以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180828-00013165-jprime-ent

【【ZIP!】山口達也の後任MCがついに決定「ジャニの後釜はやっぱりジャニ」の既定路線 】の続きを読む

1: 名無しさん 2018/08/27(月) 18:46:08.84 ID:CAP_USER9
2018.08.27 17:30
https://myjitsu.jp/archives/60716
no title



8月上旬から放送されている元『SMAP』の草彅剛と香取慎吾が出演するアンファーの発毛剤『スカルプD メディカルミノキ5』のCMが話題だ。

ところでスカルプDのみならず、最近、元SMAP『新しい地図』の3人、草彅、香取、稲垣吾郎の仕事が急増している。

「草彅はCMが宝くじ&ナンバーズ、翻訳機『ili(イリー)』、サントリー伊右衛門、映画が『ムタフカズ』(吹き替え)、『まく子』。香取はCMがファミリーマート、宝くじ&ナンバーズ、BASE、サントリー・オールフリー、BMW。稲垣はCMが宝くじ&ナンバーズ、サントリー・オールフリー、舞台が『FREE TIME SHOW TIME 君の輝く夜に』、『NO9-不滅の旋律』、映画が『半世界』、ドラマがフジ系SPドラマ。これらがこの半年で出演中、もしくは出演予定となっています」(同・ライター)

■ テレビ出演を1年控えたのは

昨年まではネットを中心に活動していたはずだが、なぜここにきて露出が増えているのか。

「事務所を独立すると『テレビ出演』は1年控えるというのが芸能界の暗黙のルール。3人が前事務所を退所したのは昨年9月なので、1年後をメドに仕事を入れていたということでしょう」(同)

図らずも、それを証明して見せた3人。今後がますます楽しみだ。

【【元SMAPの3人】「地上派仕事が急増」は芸能界のとあるルールのため 】の続きを読む

no title
1: 名無しさん 2018/08/25(土) 16:28:09.06 ID:CAP_USER9
女性に人気の雑誌「anan」(マガジンハウス)。有名タレントを使った思い切った企画でよく話題になる雑誌であるが、最新号の特集は、泣く子も黙る「木村拓哉」である。

 今回の企画は「夏の雨。木村拓哉」と題され、雨に打たれたセクシーなキムタクの写真が多数掲載されている。同誌の人気企画「抱かれたい男ランキング」で不動の1位だった時代は今は昔ではあるが、それでも圧倒的知名度と人気を誇るスペシャルなタレントである。

 当然ながら今月号の「anan」は注目を集めることになり、売上も好調に違いない。最近では「電子版」を利用する人も多く、スマホユーザーが思わず購入してしまう可能性もあるだろう。

 ただ、今月号の「anan」をキムタクが見たいから、という理由で「電子版で」購入するのはやめたほうがいいようだ。

「電子版だと、木村さんの掲載写真はすべて『グレー』に塗りつぶされて見ることができないんですよ。これはジャニーズ事務所の『ネット制約』の一つでしょうね。最近は解禁の方向ではありますが『すべて』ではないということです。ちなみに『anan』は購入前のページで木村さんが掲載されていない旨を伝えているので非はありません。

これに対し、一部ユーザーが憤慨。告知していた『anan』を責めるつもりはなく、読まずに購入した自分に非があることを認めた上で『何が面白いんですか?何の目的ですか?紙で買わない読者はいりませんか?海外でも彼らを見たいのは理解出来ませんか?』『私はジャニーズ事務所がなぜ未だにこの様な事をし続けるのかに一言言いたかったんです』とSNSで語っています。どうやら海外在住のファンのようで、雑誌が簡単に手に入らないということで電子書籍を購入したようですが......まあ、確かになぜここまでのことをするのかはわかりません」

https://biz-journal.jp/i/gj/2018/08/post_7647_entry.html

【木村拓哉「anan」電子版「写真全削除」でファン激怒......】の続きを読む

1: 名無しさん 2018/08/25(土) 05:05:28.34 ID:CAP_USER9
2018.8.24
木村拓哉 悪役OK「ギットギトにいきたい」

 俳優の木村拓哉(45)と嵐の二宮和也(35)が24日、都内で行われた初共演映画「検察側の罪人」公開初日舞台あいさつに出席。今作を手がけた原田眞人監督(69)から今度は悪党役を熱望されると、木村は「ギットギトにいきたい」と悪役に意欲を見せた。

 今作で検事役として対峙した木村と二宮は並んで舞台に登場すると、初日を迎えた喜びと感謝を口にした。トークでは、「2人ともう1本作品を撮るなら?」と問われた監督が「簡単なところでいうと、『KAMIKAZE TAXI』をリメークしてもいいかな」と構想を語り始めた。

 「KAMIKAZE-」は、原田監督が95年に手がけた映画で、組に反旗を翻した若いチンピラと、彼と逃亡を共にするペルー育ちの日系人との交流を描くロードムービーだ。

 監督は「主役を替えて、亜仁丸を木村さんにやってもらって、ニノを追い回す。ギトギトの悪党の木村さんをみてみたい」と、組長の亜仁丸という悪役を主役に替えたリメークを打診した。正義の役柄が多い木村は監督の要望に対して「ギットギトにいきたい」と悪役にも乗り気だった。

 木村と今作が初共演だった二宮は「一緒に出来ることは、なかなかない。(今作も)最後のつもりでやっていたので、(監督から)そういっていただけると感謝ですよね」と再共演に期待した。


鏡開きで笑顔を見せる(左から)八嶋智人、吉高由里子、二宮和也、木村拓也、松重豊、原田眞人監督=TOHOシネマズ日比谷(撮影・園田高夫)
no title



https://www.daily.co.jp/gossip/2018/08/24/0011573154.shtml

【木村拓哉 悪役OK「ギットギトにいきたい」 】の続きを読む

1: 名無しさん 2018/08/23(木) 19:56:57.62 ID:CAP_USER9
 嵐の松本潤が主演し、NHK札幌放送局が制作する北海道150年記念ドラマ『永遠のニシパ~北海道と名付けた男 松浦武四郎~』(来春放送)の撮影現場が
報道陣に公開され、松本がまげを結った侍(さむらい)姿を披露した。

 ちょんまげの侍役は初めてのことで、共演する深田恭子から「こんなにまげが似合う方だと思わなかった」と絶賛され、松本も「ありがとうございます。
びっくりです。似合わないと思っていたので」とまんざらでもない表情。取材した日は、クランクインから5日目とのことだったが、「(その日の撮影が終わって)
まげを取ると寂しい感じ」がするくらい馴じんで、順調そうな様子が伺えた。

オリコン
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180820-00000350-oric-ent
no title


no title


no title


【松本潤、人生初ちょんまげ姿披露「似合わないと思っていたので、びっくりです」 】の続きを読む

このページのトップヘ

アクセスランキング