1: 名無しさん 2018/09/18(火) 05:05:01.13 ID:CAP_USER9

 香取慎吾さんがイメージキャラクターを務めるファミリーマートの「お惣菜(そうざい)シリーズ『お母さん食堂』」のビジュアルが18日、公開された。香取さんは着物にかっぽう着といういでたちで、お母さん食堂の店主“慎吾母(はは)”に扮(ふん)している。

 香取さんは、フジテレビ系のバラエティー番組「サタ☆スマ」から生まれたキャラクター“慎吾ママ”の名義で、2000年に「慎吾ママのおはロック」のCDをリリース。楽曲内のフレーズ「おっはー」が同年の新語・流行語大賞にも選ばれるなど、人気となった。

 香取さんは「ママから18年たっていたことに、本当にビックリしますね。あの時生まれた子供がもう18歳。小学校でみんなで踊ってくれていた子供たちはもう20代以上なんですね」と昔を懐かしみ、「だからこの“お母さん食堂”の慎吾母を見て、ハッと思うところがあると思うんです。きっとこのビジュアルが各店舗に飾られた時、一人でちょっと会社のお昼にファミリーマートに寄って“お母さん食堂”のコーナーの前に立った時に、『あっ! ママ!?』って心の中でクスッと笑って懐かしんでくれる人がいっぱいいるだろうなって。そういう方々に『お仕事頑張ってね』『時間のない中でもおいしいもの食べないと頑張れないよ』というメッセージを伝えたいんです」とコメント。

 続けて、「次はこの“慎吾母”でCMに出たいです! やはり撮影のためにこの衣装を着ると、気持ちが入ってしまうんですよね。“お母さん食堂”のCM(18日から放送。香取さんが息子役で出演)では慎吾君はもりもり食べて頑張ってるけど、『私はお母さんとして各店舗に必ずいますからね!』と、思わず対抗意識を燃やしてしまいますね」と“慎吾母”のCM化を熱望していた。

 クリエーティブディレクターを務めた権八成裕さんは、「以前の“ママ”はどちらかというと、元気でポップなイメージですが、慎吾母は近所の人間味あふれるおせっかいなお母さんというか、懐かしい味を思い出させてくれる食堂のおかみさんのイメージです。18年たって大人になって帰ってきたという裏コンセプトがあります」と明かしている。


香取慎吾さんが“慎吾母”に扮したファミリーマート「お母さん食堂」のメインビジュアル
no title



https://mantan-web.jp/article/20180917dog00m200049000c.html

【香取慎吾:慎吾ママから18年“慎吾母”に 「懐かしんでくれる人がいるだろうなって」 】の続きを読む

no title
1: 名無しさん 2018/09/13(木) 13:13:34.28 ID:yrG8m/na0
味良くして内容量増やしてお値段安くして顧客満足度上げたろ!

2: 名無しさん 2018/09/13(木) 13:13:49.91 ID:S/wRA2Gsd
有能

3: 名無しさん 2018/09/13(木) 13:13:53.03 ID:3aAO2mfGr
だといいなぁ

【セブンイレブン「この弁当よく売れるなぁ…せや!」 】の続きを読む

no title
1: 名無しさん 2018/09/07(金) 16:59:21.02 ID:CAP_USER9
お笑い芸人の狩野英孝が9月4日、自身のオフィシャルブログ「狩野とアルいてく」を更新し、コンビニエンスストアのローソンの商品陳列を「素晴らしい」と絶賛する内容をアップした。

それは、「LAWSON」とのタイトルで更新されたエントリー内で、〈仙台のLAWSON。。陳列が凄く綺麗。店員さん素晴らしい。思わず写真を撮ってしまう〉と綴り、
あらゆる種類のカップラーメンが一つ一つみごとに整頓して並べられた商品棚の画像を掲載すると、〈僕もちゃっかり入る〉などと付け足し、商品棚の隣でしゃがみながらカメラ目線でピースする姿を収めた写真も公開。
ハッシュタグにも“凄く綺麗”“陳列”“素晴らしい”とのワードを並べ、終始LAWSONの細部にわたる企業努力を褒めちぎる内容となっていた。

だが、この“LAWSON賞賛”記事にはまさかのオチが待っていた。

「狩野がローソンの商品棚として掲載した画像には、セブンイレブンがオリジナルで開発しているプライベートブランドのたまごスープや、店内に設置された“セブンイレブン仕様”の壁掛け時計などが写り込んでいたんです。
ファンから『そこローソンじゃなくてセブンですよ』とのツッコミを受けることになりました。慌てた狩野は《やべ、店名間違えたww》とツイートし、
後に記事内の“ローソン”と表記していた箇所を全て“セブンイレブン”へと書き換え、タイトルも“セブンイレブン”となったんです。
さんざんローソンの素晴らしさを力説していた記事内容だっただけに、こっ恥ずかしいエンディングとなってしまいましたね」(テレビ誌ライター)

この狩野の天然過ぎる失態に関して、ツイッターのリプライ欄やネット上では〈ローソン涙目〉〈うけるww そういうとこすき〉〈面白いから(元のブログ記事)消さなくてよかったのに〉
〈ラーメン、つけ麺、ぼく天然〉〈ワザとらしい…とは思わない天然さんですよね〉との反応が上がっており、ネット民は一様にこの“狩野劇場”を楽しんだ様子だ。

ツイッター上でブログの内容を改めて更新したことを報告し、訂正前と訂正後で2度、ブログへのアクセスを獲得した格好の狩野。
ド天然とはいえ、注目のされ方を熟知している賢さのようなものも兼ね備えた芸人とも言えるかもしれない。

http://dailynewsonline.jp/article/1516858/
2018.09.07 09:58 アサ芸プラス

【ラーメンつけ麺ボク天然!?狩野英孝、「まさかのミス」でブログを全面修正 】の続きを読む

1: 名無しさん 2018/09/05(水) 07:18:58.01 ID:tx6GFx4l0
かわいそう
no title


3: 名無しさん 2018/09/05(水) 07:20:05.72 ID:RF0zRckpd
くそまずいよな

4: 名無しさん 2018/09/05(水) 07:20:31.51 ID:P37cBqWF0
食べにくい上にまずい

【【悲報】セブンの照り焼きソーセージおにぎりさん、公開処刑されてしまう wwrwwrwwrwwrwwrwwrwwr 】の続きを読む

このページのトップヘ

アクセスランキング