1: 名無しさん 2018/08/20(月) 05:33:38.82 ID:CAP_USER9
2018.08.20 05:00
小宮有紗、抜群の可愛さ「銀魂」寺門通に変身

女優として活動する傍ら、『ラブライブ!サンシャイン!!』での声優活動、同アニメでユニット「Aqours(アクア)」での音楽活動も行う小宮有紗が、20日発売の「週刊プレイボーイ」36号に登場する。

映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』の公開を記念して、小宮が以前からの夢だったという「銀魂」の人気キャラクター・寺門通のコスプレを披露。

小宮の“銀魂愛”ありきで、連載しているジャンプ編集部の許可を得て、同誌編集部が企画して実現。可愛すぎるコスプレを披露している。

(以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


小宮有紗(C)熊谷貫/週刊プレイボーイ
no title


no title



https://mdpr.jp/news/detail/1787051

【小宮有紗、抜群の可愛さ「銀魂」寺門通に変身 】の続きを読む

1: 名無しさん 2018/08/19(日) 16:38:04.66 ID:CAP_USER9
TBSの宇垣美里アナウンサー(27)が、2018年8月19日放送の「サンデー・ジャポン」で人気アニメ「美少女戦士セーラームーン」のコスプレを披露した。

「月にかわって、おしおきよ!」――。このように、作中の決め台詞をノリノリで口にする宇垣アナに、インターネット上には「天使ですわ」「お仕置きされたい」「きゃわわわわわわわ」など興奮気味の反応が続出している。

no title


no title


no title




■「コスプレイヤーになった方が...」

この日の番組では、いま若者の間で大流行しているという「シリシリダンス」を特集。その中で、なぜかセーラームーンのヒロイン・月野うさぎに扮した宇垣アナが、ダンスに挑戦することになった。

「また、着替えちゃった」とカメラに向かってウインクしたり、作中の決め台詞をポーズ付きで披露したりするなど、ノリノリの様子の宇垣アナ。話題の「シリシリダンス」を踊り、その感想をスタッフから尋ねられると、

「楽しかったです。やっぱり自分じゃない誰かになりきるのってすっごい楽しいですよね?美少女戦士ですよ!『月にかわって、おしおきよ!』、ですよ!テンションあがる~」
とウキウキで語っていた。

こうした宇垣アナのコスプレ姿に、ネットユーザーからは興奮気味の反応が続出。ツイッターやネット掲示板には、

「美里、結婚しよう」
「可愛すぎだろ  なんだよこれ」
「カワイイ!お仕置きされたい!!」
「宇垣ーーー!!くそーー!!可愛いーー!!くそーーーーっ」
といった絶賛の声が相次いでいる。

なお、宇垣アナといえば、先週(12日)の「サンジャポ」でも、アニメ「魔法少女まどか☆マギカ」のコスプレを披露したばかり。それだけに、ゲスト出演していたスタジオの藤田ニコルさん(20)からは、

「コスプレイヤーになった方がいいんじゃないの」
との声も飛んでいた。


2018/8/19 16:16
https://www.j-cast.com/2018/08/19336487.html

【TBS宇垣アナに「お仕置きされたい!!」 「セーラームーン」コスにネット大興奮 】の続きを読む

1: 名無しさん 2018/08/16(木) 09:29:20.09 ID:CAP_USER9
有明の東京ビッグサイトで10日から3日間行われた国内最大規模の同人イベント「コミックマーケット94」(以下コミケ)は合計で53万人が来場。大盛況で幕を閉じた。

 今年も、人気ゲーム「FGO」や、「ラブライブ!」「はたらく細胞」などアニメのキャラクターに扮したコスプレーヤーが会場を盛り上げたが、もっとも会場を熱くしたひとりがコスプレタレントのえなこ(24)だ。

 一般的にはあまり知られていないが、えなこがコス広場に登場すると、数百人のファンが彼女をぐるっと囲み、感嘆の声を上げながらシャッター音を鳴らした。別の日に行われたサークル活動(ROMの頒布など)では、えなこりんセット(6000円=写真集2冊とセット限定写真集とうちわ)、ポスター(1000円)、ブロマイドセット(500円)などの物販が完売した。

 今回のイベントだけでもかなりの収入を得たようだが、えなこの稼ぎっぷりはもっとすごい。今年2月に放送された「有吉ジャポン」(TBS系)、「ダウンタウンDX」(日本テレビ系)で本人が「年収2000万円」と明かした。なにしろ、動画配信アプリ「Live.me」のギャラは時給約20万円だという。もっとも、えなこ以外にも大金を稼いでいるコスプレーヤーはいるらしい。

 コスプレ評論家の牛島えっさい氏が言う。

「全国にコスプレーヤーは4万~5万人いるといわれています。その中で物販などの“サークル活動”をしている人は1000人程度。撮影会、CD―ROM、写真集などの収入で、大イベント時には3万~100万円程度の売り上げになるそうです。中には1回のイベントで300万円稼ぎ、年間で1200万円程度稼いでいる人もいます。動画配信やSNSの広告収入を含めるとそれ以上に稼いでいる人もいると思いますが、年収1000万円の壁を超えるのは簡単ではありません」

 大イベント以外にもコスプレーヤーが開催している撮影会が毎週のように行われている。各自がチラシを配ってカメラマンとギャラリーを集め、集団撮影が3000円で、個人撮影だと1万~3万円が相場のようだ。

 ホリプロインターナショナル所属の御伽ねこむ(22)のように、芸能事務所に在籍している人気コスプレーヤーも多い。

全文
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/235457
参考画像
no title


no title


【えなこは年収2000万円 “コスプレーヤー”に芸能界が熱視線 動画サイトで時給20万円 】の続きを読む

このページのトップヘ

アクセスランキング