1: 名無しさん 2018/10/13(土) 17:38:48.86 ID:CAP_USER9
アイドルグループ・でんぱ組.incの夢眠ねむが13日、自身のツイッターを更新。
来年1月7日の東京・日本武道館の公演をもってグループの卒業することを報告するとともに、来年3月末に芸能界を引退することを発表した。

夢眠は「この度、私 夢眠ねむは芸能活動10周年を機にでんぱ組.incを卒業、そして芸能界を引退致します」と報告。
「長い時間をかけて決めたことなのですが、急な発表で驚かせてしまって申し訳ありません」と詫びた。

続けて、2019年1月7日の武道館公演をもって卒業することと3月末日に芸能界を引退することを伝え、引退後は「キャラクタープロデュース(たぬきゅん)と店舗の書店開店を目指して活動していきつつ、皆様と一緒にでんぱ組.incを応援していきたいと思っています」と明かした。

最後は「これまで長い間、たくさんの声援で支えて下さり本当にありがとうございました。『アイドルに向いていない』と公言していたこんな私が10年もアイドルとしてかけがえのない時間を過ごすことができたのは応援してくれた皆様のおかげです」と感謝し「みんなでたくさんの夢を叶えて、素晴らしい景色を見れたこと。これからもずっと忘れません。残り1日1日を大切に、アイドル最後の日まで全録で頑張りますのでよろしくお願い致します!」とメッセージした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181013-00000336-oric-ent

夢眠ねむの直筆メッセージ
「いつも応援してくださる皆様へ」
no title



夢眠ねむ
no title



でんぱ組.inc
no title


【「でんぱ組.inc」夢眠ねむ、卒業&芸能界引退を発表 】の続きを読む

1: 名無しさん 2018/10/12(金) 10:46:50.05 ID:CAP_USER9
芸能活動を再開した女優で歌手の西内まりやが12日、自身のInstagramを更新。
ファンとの新たな交流の場を設けることに意欲を示した。

今月5日の更新で「ふと思ったんだけど、写真や動画が溢れるこの時代で言葉の重みや強さがなくなってる気がする きっと私のブログも無くなってしまったから心にぽっかり穴が空いてるんだ そういう場所をつくればいいんだよね。もう少しだけ待っててね」と、今後の新たな活動についてつづっていた西内。

12日付の投稿では、「沢山のメッセージを読みました。DMも」とファンからの言葉を受けとったようで、「悩みって人それぞれ違い、比べるものでもなく上手く言葉が見つからなかった。励ましの言葉をかけたからって解決するって訳でもないし。だから、言葉じゃなくてその心が癒されるような、一瞬でも忘れられる空間を改めて作ろうと思いました」と決意を宣言。
「私も打ち明けたい事があるのですが」とし、「改めて話せる場所で話しますね」と呼びかけた。

コメント欄には「まりやちゃんの気持ちを聞ける日を待ってます」「いつもファンを大切にしてくれるまりやちゃんが大好き」「またまりやちゃんと一緒に楽しめる空間…!楽しみです」といった声が寄せられている。

http://mdpr.jp/news/detail/1798199

西内まりや
no title


【西内まりや「打ち明けたいことがある」 】の続きを読む

1: 名無しさん 2018/10/11(木) 14:51:24.67 ID:CTHZRqqSd
http://news.livedoor.com/article/detail/15427614/

これらのイメージに対し吉岡は「色んなイメージがあって面白いなと思ったんですけど」と切り出し、「痴漢をされて、『次の駅で降りてください』と言ったことがあります」と、同じ経験をしたことを告白。

 勇敢な彼女の行動にスタジオからは驚きの声があがる中、吉岡は続けて「(痴漢の)腕をパッとつかんで、『今、痴漢をしましたよね? 次の駅で降りましょうね』って言って」と回顧。「もうずっと(その腕を)放さなかったです」と語った。
no title


【吉岡里帆「痴漢されたから腕掴んで次の駅で降りてくださいって言いました」 】の続きを読む

1: 名無しさん 2018/10/11(木) 20:10:03.04 ID:AimKzEGh0
田中 美久 @miku_monmon3939
一日警察署長
を務めさせて頂きました!

芦北親善大使として、これからも安全で安心な町づくりの為に少しでも自分に出来ることがあったら頑張りたいです! #芦北 #警察署長???♀?
no title


no title


no title


【【画像】HKT48田中美久さん(17)が一日警察署長 この可愛さは反則だろ! 】の続きを読む

このページのトップヘ

アクセスランキング