no title
1: 名無しさん 2018/10/16(火) 00:48:16.05 ID:iTz8WNhgp
一生一緒に居てくれや(50)

2: 名無しさん 2018/10/16(火) 00:48:33.08 ID:6teL4yi7x
俺を信じなさい(50)

3: 名無しさん 2018/10/16(火) 00:48:46.77 ID:IXxSeOiZp
見てきくれや才能も全部含めて(50)

【三木道三の歌詞の一部に(50)をつけると金本の蔑称になるかもしれない 】の続きを読む

1: 名無しさん 2018/10/16(火) 07:04:55.75 ID:CAP_USER9
2018/10/16 07:00:00
お笑いコンビのサンドウィッチマンが、19日(20:00~21:48)に放送されるテレビ朝日系音楽番組『ミュージックステーション2時間スペシャル』に出演する。サンドウィッチマンが同番組に出演するのは今回が初めて。

サンドウィッチマンは、MONKEY MAJIKとのコラボ曲「ウマーベラス」をひっさげて登場。作詞にはサンドウィッチマンの2人も参加しており、歌詞には伊達みきおの
「ドーナツは真ん中が 空洞だし、形がカロリーゼロを表してるから太らない」「カロリーは110℃に耐えられないから揚げ物はゼロカロリー」といった“ゼロカロリー理論”が散りばめられている。


「ウマーベラス」では、曲の後半に繰り広げられる掛け合いのネタも話題になっており、『ミュージックステーション』スペシャル版のネタ披露にも注目が集まる。

この日の放送では他にも、嵐、King & Prince、E-girls、ジェジュン、Superfly、HYDE、BUMP OF CHICKENが出演する。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

https://news.mynavi.jp/article/20181016-707363/
no title


【サンドウィッチマン『Mステ』初登場で“ゼロカロリー理論”披露】の続きを読む

1: 名無しさん 2018/10/15(月) 00:02:03.45 ID:CAP_USER9
https://www.asagei.com/114014
no title



 歌手のASKAが10月11日、「来年のニューアルバム、遅れるかもしれません」と題された自身のブログで“ハッキング被害”を受けたことを明らかにした。

 ASKAは2017年5月から6月にかけて、盗聴犯からパソコンをハッキングされたとしきりにブログで告発。何でもパソコンに侵入され、貴重な新曲のデータを削除されたのだという。専門用語を使って詳しく説明したが、プログラマーやSEからは「理解できない説明」との声が上がり、ASKAの妄想ではないかとも言われた。これ以降、ハッキング被害を訴える発言は減っていたが、今回、久しぶりに被害を受けたようだ。

 ASKAの話をまとめると、使用しているMacの所有者としての権利を乗っ取られてしまったため、何もできない状態になっているのだという。

「今回も専門用語を使って状況を説明しています。今回は以前の説明よりも理解しやすい。ツッコミどころはありますが、説明に一応筋は通っています。ただ1つだけ気になる点がありました」(システムエンジニア)

 それはMacの起動を制限する「ファームウェアパスワード」について述べている部分だという。ASKAはファームウェアパスワードを外から設定されたため、Macを乗っ取られたと明かしているが、このSEによるとネットワーク経由で外から設定するのは、ほぼ不可能だという。

「外から設定できたら、ハッカーが次々とマシンを乗っ取る事件が起きてしまいますよ。パスワードを忘れた場合、マシンをアップルに持ち込んで解除してもらわないといけないんです。これだけで外からの変更、設定が不可能であるとわかるかと思います。そうするとASKAさんのMacは外から乗っ取られたのではなく、ASKAさんに近い人がやったということになります。その可能性が一番高い」(前出・システムエンジニア)

 内部の犯行であれば、ASKAのハッキング被害の多くは合点がいくことになる。彼は「ボクのようにターゲットにされると、パソコンの電源を落としていようが、Wi-Fi接続を切っていようが、100%侵入されるのです」と書いているが、Wi-Fi接続を切ったパソコンを外部から乗っ取るのは極めて困難だ。だが、内部の人間なら直接操作すればいいわけで、ネットワークに接続する必要はない。

 非現実的であり、妄想ではないかと言われてきたASKAのハッキング被害。だが、「内部の犯行」なら説明がつく。ASKAは攻撃を仕掛けている相手が誰か特定できているというが、実行犯が身内にいるとは思ってもいないのかもしれない。

【ASKAが久しぶりに“ハッキング被害”を告白 「内部の犯行」説浮上 】の続きを読む

no title
1: 名無しさん 2018/10/13(土) 21:07:49.89 ID:CAP_USER9
アニメ『鋼の錬金術師』の主題歌などで知られる“アジカン”こと『ASIAN KUNG-FU GENERATION』(アジアン・カンフー・ジェネレーション)の1年半ぶりの新曲『ボーイズ&ガールズ』が、9月4週目のオリコン週間シングルランキングで初登場18位を記録した。

このこと自体は取るに足らないニュースだが、音楽ファンの間では「あのアジカンの1年半ぶりの新曲なのに…」と物議を醸している。

ヒット曲を連発し、今なお若者たちに絶大なる人気を誇っているバンドとしては、単純に寂しい結果である。このことに、さる音楽誌ライターは「何度も言うが、CDシングルの売り上げを指標にするのはもうやめるべきだ」と訴えている。

「言わずもがな、現在のCDシングルランキングは『AKB48』や関連グループをはじめ、『握手券』や『写メ会』等の特典を売りにしているアイドルが席巻している状態。楽曲の良し悪しや流行の度合いを計る本来の役割は全く果たされていません。
今まで散々言われてきたことですが、『アジカン』ほどのバンドが初登場18位という結果となり、さすがにその“無意味性”に一般層も気付いてきたことでしょう。しかし、テレビで音楽を紹介する場合は、いまだにCDの売り上げ至上主義。テレビの制作者は音楽の良さも流行もわからないから、意味を失ったランキングにいまだにすがっている」(前出の音楽誌ライター)
https://myjitsu.jp/archives/64336

【「時代錯誤」「責任回避」意味のないCDランキングに頼るテレビの事情 】の続きを読む

no title
1: 名無しさん 2018/10/12(金) 20:00:26.24 ID:CAP_USER9
https://mdpr.jp/news/detail/1798324
2018.10.12 17:09

株式会社ドレミ楽譜出版社が発行する音楽誌「月刊Songs」が、11月15日発売の12月号をもって休刊することがわかった。

「月刊Songs」は2002年12月に創刊したが、12日、同誌の公式サイトにて「いつも月刊Songsをご愛読いただき、誠にありがとうございます。月刊Songsは2018年11月15日発売の2018年12月号(Vol.192)をもって休刊することとなりました」と休刊を発表。

「今までご愛読および応援してくださった読者の皆様、取材させていただいたアーティストの皆様、関係者の皆様、本当にありがとうございました」と感謝し、「休刊前の最終号となる2018年12月号も今まで通り心を込めて制作いたしますので、よろしくお願い申し上げます」と呼びかけた。

なお、公式サイトについては継続する予定。詳細が決まり次第、改めて報告するとしている。(modelpress編集部)
http://www.songsnet.jp/

【音楽誌「月刊Songs」休刊を発表 】の続きを読む

このページのトップヘ

アクセスランキング